オリジナル意思表示カードのご案内

臓器移植は広く社会の理解と支援があって成り立つ医療であり、より多くの方々に、臓器移植について正しい知識を持ってもらい、自らの意思をあらかじめ表示していただくことが最も大切な事であります。このため、公益財団法人栃木県臓器移植推進協会では、より一層、臓器移植の普及推進を図るため、「栃木県」をホームとして活躍しているプロバスケットボールチーム『リンク栃木ブレックス』の協力を得て、新たに栃木県オリジナルの臓器提供意思表示カードを作成しました

ダウンロード
栃木県オリジナル意思表示カード
オリジナル意思表示カード(R2).pdf
PDFファイル 813.6 KB

イベント情報

臓器移植推進月間における街頭キャンペーンのご案内

栃木県オリジナルの臓器提供意思表示カード付啓発グッズのセットの配布や、医療従事者による医療生活相談などを行います。

今年度は、新型コロナウィルス感染拡大防止の為、県央地区および県南地区だけで、県および事務局のみの体制で小規模に開催いたしました。

【県央地区】宇都宮市・オリオン通りイベント広場

令和2年10月4日にキャンペーンを開催しました。消毒を万全に行いながら、できるだけ人との接触を避けて本県オリジナルの「臓器提供意思表示表示カード付きリーフレット」に啓発グッズ(エコバック)をセットにしたものを配布いたしました。なお、感染防止の観点からアンケート調査は中止としました。感染防止に努めて500セットを配布いたしました。

 

【県南地区】佐野市・イオンモール佐野新都市店

令和2年10月10日にキャンペーンを開催しました。県央地区同様に消毒を万全に行いながら、できるだけ人との接触を避けて本県オリジナルの「臓器提供意思表示表示カード付きリーフレット」に啓発グッズ(エコバック)をセットにしたものを配布いたしました。感染防止に努めて300セットを配布いたしました。

 


全透析患者の推移

全透析患者数は、平成30年より149人増加し6431人、平均年齢は68.0歳でした。なだらかな増加傾向が続いています。

ダウンロード
透析患者の推移.pdf
PDFファイル 189.0 KB

臓器移植支援自動販売機のお願い

臓器移植を推進するため、支援型自動販売機の設置にご協力ください。

売り上げの一部を寄附する自動販売機を設置していたくものです。
具体的な寄附の金額については、設置者様との契約の中で自由に設定できます。

ご寄附いただいた場合の寄附額は以下の対象になります。

  •  所得税法第78条及び地方税法第37条の2・第315条の7に規定する税控除
  •  租税特別措置法第70条に規定する相続税課税価格の控除
  •  法人税法第37条に規定する損金参入
ダウンロード
自動販売機について
臓器移植推進自販機.pdf
PDFファイル 174.2 KB

臓器移植推進協会だより

臓器移植推進協会だよりをダウンロードしてお読みいただけます。

ダウンロード
臓器移植推進協会だより
協会だより31号.pdf
PDFファイル 1.7 MB

献腎移植希望の登録について

脳死後または心停止後の方で、生前に書面で本人の臓器提供の意思がある場合、もしくは本人の意思が確認できない場合でもご家族の承諾がある方から臓器提供されます。

 

登録の方法は資料を参照してください

 

ダウンロード
栃木県の献腎移植について
20180301104254.pdf
PDFファイル 336.6 KB
ダウンロード
HLA検査助成金申請書について
HLA検査助成金申請書.pdf
PDFファイル 37.1 KB